乾燥肌とクレンジングについて

乾燥肌を対策しよう!今からできるスキンケア

肌は一年中乾燥しています!乾燥してしまう原因が生活の中にあるんですね。
みなさんはどんな対策をしていますか?

 

例えばお風呂に入るとき。
寒いからってあつあつのお風呂に入ってませんか?

 

乾燥肌対策としてまず気をつけなければならないのは、
その温度熱いお湯だと皮膚の温度が急激に上がって、
あたたまるかもしれませんが、乾燥肌によるかゆみが増してしまいます。

 

入浴時の温度はぬるま湯にします。

 

ぬるま湯にゆっくりつかることで、結果的に体がぽかぽかになりますので、寒い日でも大丈夫です!
そして入浴剤にも落とし穴があるんです!

 

香りの強いものや色付きのものは香料や着色料が使われています。
刺激性でお肌への負担が大きくなります。
よかれと思って入れた入浴剤で乾燥肌になってしまうこともあるんですね。

 

またお風呂からあがったらぽかぽかのうちに保湿クリームでふたをしましょう。
ふたをしないと皮膚の水分が蒸発して乾燥してしまいます。
お顔も同じです。洗ったらすぐに保湿しましょう!

 

ひどい乾燥肌に悩み続けて数年。

いろいろと試してきました。
それこそ乳液からクリームからパックから、
ありとあらゆる「保湿」と書かれた化粧品に、
でも、これが間違いだったなんて、夢にも思いませんでしたよ、

 

乾燥肌にはとにかく保湿!
雑誌でもテレビでも当たり前のように言われていることです。
しかし!「保湿のしすぎ」が肌にとっては甘やかしになってしまうのです!

 

がーんw

 

自分の子どもがかわいいあまりにお菓子を与えすぎたら、お菓子をあげなきゃいうこと聞かなくなった、
みたいな感じですかね。

 

哀しいですね。

 

肌に乳液やクリームをたっぷりあたえ続けると、自ら乾燥を防ぐ力をどんどん失っていきます。

 

そして最後には与えられるからいいやと働かなくなる。
そんな悪い子に育てた覚えはありません!

 

母としては少し心苦しいですが、少々厳しく接する必要がありそうです。

 

というかスパルタ!
もう、保湿やめる!

 

(いきなりー?)という声も聞こえたり聞こえなかったりですが、
甘えきったヤツにはこうしてやるのが一番です。

 

いきなり何も与えられなくなった肌は、最初は驚いてつっぱったりしますが、
自分の本来持っている力を発揮して乾燥を防ごうと働くようになります。

 

カワイイ自分の肌ですが、時には厳しく!も必要です。


このページの先頭へ戻る